第1章本サービスについて

 

第1条(本サービスの内容)

本サービスは、サービス期間中一年につき1回(例:3年版の場合は3年間で最大3回)、第2章に規定する登録媒体のデータ復旧サービスを受けられるサービスです。サービス期間は、登録媒体の購入から5年の間、任意に1年単位で設定することができます。サービス提供場所は、日本国内とします。

 

第2条(対象製品)

本サービスの対象製品は、国内で販売されるPC、タブレット、サーバー、NASで、製品としてのメーカー保証が付与されているものとします。

 

第3条(本サービスの申込み条件)

本サービスは、対象製品を購入した日から90日以内にお申込みください。但し、本サービスの期間満了後は、対象製品を購入した日から5年以内の期間について、サービス期間を追加して購入することができます。

なお、対象製品購入日の確認のため、領収書又は保証書のコピーを提出いただくことがあります。

 

第4条(対象製品の登録)

本サービスの対象は、お申込時に製造番号を登録した対象製品とします。登録媒体は、サービス期間中変更することは出来ません。但し、対象製品が初期故障のため交換したときは、お客様に交換機器が到着してから30日以内に申告していただいた場合に限り、登録を変更することができます。

対象製品の製造番号は、証書発行後30日以内にご報告ください。期日までに報告の無い場合はサービスの提供ができない場合があります。

 

第5条(データ復旧サービスのご利用方法)

データ復旧サービスは、次の委託先に委託しています。ご利用の際は、「AOSデータ復旧安心サービスパック証書」の証書No.と、登録いただきました対象製品の製造番号を準備して、委託先にご連絡ください。

(委託先)AOSデータ復旧サービスセンター(旧 日本データ復旧サービスセンター)TEL:03-6809-2511受付時間:9:00-18:00(除く土日祝日)

 

第6条(本サービスの解約)

弊社は、お客様が以下のいずれかに該当すると判断した場合は、直ちに本サービスの利用停止または解除ができるものとします。

1.お客様の本サービスの申込み時、受付時、データ復旧サービスお申込み時のご申告情報に虚偽が発覚した場合

2.お客様が本規約のいずれかに違反した場合

3.お客様が法令に反する行為を行った場合

4.お客様が登録製品を第三者に譲渡した場合

5.お客様もしくは第三者が登録製品に不当な改造を施した場合

 

第7条(規約変更)

弊社及び委託先(以下「弊社ら」といいます)は、本規約の内容を変更する必要が生じた場合は、予告なく本規約を変更することができるものとします。なお、お客様に対する通知は、委託先のホームページ(http://data119.jp /spk/sw/)での表示により行われるものとします。

 

第8条(準拠法および合意管轄)

本規約の準拠法は日本国法とします。また、本サービスに関するお客様と弊社らとの間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所としてこれを解決します。

 

第9条(免責事項)

本サービスに関し、弊社らの故意または過失によってお客様に損害が生じた場合、お客様は損害の賠償を請求できるものとします。

但し、その額は、本サービスのためにお客様が弊社らに支払った額を超えないものとします。

 

第2章データ復旧サービスについて

 

第10条(データ復旧サービスの内容)

データ復旧サービスは、お客様の登録媒体に残っているデータをファイル形式で取り出すサービスです。

障害の原因分析、登録媒体の修理及びアプリケーションの復旧を行うものではありません。

データ復旧サービス内容の詳細・品質については、委託先ホームページ(www.data119.jp)を参照ください。

 

第11条(データ復旧サービスの申込み・費用)

データ復旧サービスは、調査結果報告後、お客様からお申込みを頂いた場合に実施します。

データ復旧サービス料金は弊社が負担します。お客様は、ご利用の際に発生する送料のみご負担ください。但し、復旧データが2TBを超える場合には、ご返却用の記憶媒体費用の負担をお願いします。

なお、弊社において登録媒体の起動・障害確認は致しませんので、復旧作業の必要性は、お客様の判断で行っていただくようお願いいたします。

 

第12条(サービスを受ける際の注意点)

データ復旧サービスは、データの復旧を保証するものではありません。

登録媒体の状態により、復旧できない場合、復旧できてもお客様の機器や装置で正常に動作しない場合(例えば、専用形式データ、暗号化や保護機能が付加されたデータ)、データに欠損が生じる場合がございます。初期調査・復旧作業のため、登録媒体に対して、分解、組み立て、破損パーツの交換等の作業が発生する場合があり、登録媒体をお預かりした状態のまま返却することは保証いたしません。登録媒体がメーカーによる保証を受けられなくなったり、お預かりした時点で読込めたデータが読込めなくなる場合があります。データのバックアップは、お客様の責任で行っていただくようお願いいたします。

初期調査・復旧作業のために必要な作業によって生じた登録媒体の不具合・障害等については、弊社らの故意または過失による場合を除き責任を負いません。

 

第13条(データ復旧期間)

復旧データは、ご登録製品の到着から原則として7営業日以内に返送いたします。

但し、次の各号のいずれかに該当する場合は、7営業日以上の日数を要する場合があります。

1.障害の程度が重い場合

2.復旧データ返却日の日程変更等、お客様の都合による場合

3.天災地変、戦争、暴動、内乱、輸送機関の事故、労働争議その他不可抗力の事由が生じた場合

 

第14条(復旧データについて)

一部のデータしか復旧できない場合あっても、データ復旧サービスを受けたものと見做します。但し、データ復旧が不可の場合は回数の加算はありません。登録媒体から取り出した復旧データは、委託先で用意した外付けハードディスクまたはUSBメモリ等の記憶媒体にてご返送します。

なお、復旧データが2TBを超える場合には、ご返却に使用する記憶媒体費用の負担をお願いします。

 

第15条(適用除外サービス)

次に掲げるサービスは、データ復旧サービスの対象外といたします。
1.日本語及び英語以外が使用言語のデータの回復
2.その他、AOSデータ復旧サービスセンター(旧 日本データ復旧サービスセンター)で実施していないサービス全般
3.天災地変、戦争、暴動、内乱、輸送機関の事故、労働争議その他不可抗力の事由が生じた場合

 

第16条(輸送について)

登録媒体等の輸送中の事故について、弊社らは責任を負いません。弊社らへの輸送については、お客様の責任において行って頂く必要があります。