shindantop01

3ステップで データ復旧 自分 de 診断

下のメニューから復旧が必要な媒体を選んでください。
まずはどんな症状が起きているかチェックしてみましょう。

Step1 トラブルが起きているのはどの機器ですか?

デスク・ノートPC
外付けHDD
RAID・サーバ
USBメモリ・SD
ビデオカメラ
タブレットスマートフォン携帯電話
SSD
MAC PC
SSD

Step2 どのような症状が起きていますか?

黒い画面にエラー表示
起動しない
ブルー画面・エラー表示
カチカチ、カタカタ 異音がする
キュルキュル異音がする
ププッと電子音がなる
黒い画面にカーソルだけ表示
黒画面のみ
ウイルス感染した
初期化してしまった
誤ってデータを削除した
ファイルが暗号化された
無料ご相談

データ復旧率を下げてしまう3つのパターン

ハードディスクなどからファイルが読めなくなった場合でも、まだファイルの内容はそのままディスク内に残っています。ただ、パソコンに少々詳しいからと、ディスクに直接アクセスすることは非常に危険な行為です。重要なデータであればあるほど、私たちAOSリーガルテックの日本データ復旧サービスセンター「データ119」に依頼されることをおすすめします。ハードディスクのトラブル時にやってはいけないいくつかの例をご案内します。

shindantop04_title

shindantop04

最も多いのが、OSが立ち上がらなったりした時に、強制的に電源を落とした後に何度も電源のON/OFFをするパターンです。電源のON/OFFはやればやるほど確実に障害を進行させます。
パソコンを立ち上げるだけでハードディスクを使用することになるため、ハードディスクのプラッターの同じ箇所にヘッドが移動して、浅い傷が深くなることもあります。深い傷が付いてしまった場合は重度の物理障害となり、データが完全に取りだせなくなってしまう可能性があります。

shindantop05_title

shindantop05

パソコンに多少詳しい方でも、ディスクをチェックするツール等を使用することはお勧めできません。障害が重い場合、ツールによるアクセスだけでもディスク内のデータが変化し、かえってデータ復旧ができなくなる場合があります。障害の状態がわからないままでディスクにアクセスすることは避けてください。症状を悪化させる前に無料の診断をおすすめします。

shindantop06_title

shindantop06

データ復旧には高度で専門的な知識が必要です。残念ながら、低価格を売りにしている業者などは、障害の状況判断すらままなりません。モーターが駆動するかどうか、BIOSで認識するかどうかで、論理障害、物理障害の判断をしたりするようです。障害には程度があり、状態に合わせた適切な処置、復旧方法があります。こういった業者に預けられた媒体が、日本データ復旧サービスセンター「データ119」に持ち込まれることは珍しくありません。

技術・セキュリティ復旧の流れ・日数実績メニュー・価格
急速に進化する情報化社会

AOSリーガルテックが運営する、日本データ復旧サービスセンター「データ119」には、パソコンメーカー様やハードディスクメーカー様と提携できる技術力と経験があります。障害媒体の初期調査は無料でさせていただいておりますので、まずはご相談ください。

データ復旧作業

お電話で申し込みされる場合のデータ復旧サービスの流れ

データ復旧サービスをお電話でお申し込みされる場合は、媒体の手配サービスをご利用いただければ、宅配便業者が指定の場所まで媒体を取りに伺います。

flow01_02data119form_btn