HDカメラ、DVカメラなどの動画データを復元します。

デジタルビデオカメラやデジタルムービーカメラなどで撮影した動画を間違って削除してしまった、といった経験はありませんか?
HDD(ハードディスク)、DVD、SD及びメモリースティック等のビデオカメラは、テープ媒体のビデオカメラと比べて映像データが消えてしまったり、 誤ってフォーマット(初期化)してしまうというミスが多く見受けられます。
カメラ上で編集しようと思い部分削除のつもりが全て削除してしまった、目を離した隙にお子様が削除してしまった、ビデオカメラ本体が水没してしまった・・・
そんな時は私たち日本データ復旧サービスセンターにご依頼ください。大切な思い出や重要な映像データを復元するお手伝いをさせていただきます。

■こんな場合に、データを復元します

  • ビデオカメラに保存されていたデータを間違って削除してしまった。
  • 間違ってビデオカメラの内蔵HDDを初期化(フォーマット)してしまった。
  • ビデオカメラを水たまりに落とし、映像が見られなくなってしまった。
  • 故障したので修理に出したら、保存された映像は消えてしまうと言われた。
  • 撮影していたらビデオカメラを落としてしまい映像データが見られなくなった。

※DVD,SDカード,メモリースティックなどに保存したデータの復元や、故障や水没してしまったビデオカメラの動画復元も対応しています。

※落下や水没、強い衝撃を与えてビデオカメラの映像データが見られなくなった場合、電源を入れないようにしてまずはご相談ください。

■対応メーカーと機種

  • SONY(ソニー)

ハンディカム(Handycam)シリーズなど

  • Panasonic(パナソニック)

デジタルハイビジョンカメラ、防水対応デジタルムービーカメラなど

  • Victor(ビクター)/JVCケンウッド

エブリオ(Everio)シリーズなど

  • CANON(キヤノン)

アイビス(iVIS)シリーズなど

  • SANYO(三洋電機)

ザクティ(Xacti)シリーズなど

  • HITACHI(日立)

Woooシリーズなど

  • TOSHIBA(東芝)

ギガショット(gigashot)シリーズなど

対応メーカーと機種

※その他メーカーの機種にも対応可能ですのでご相談ください。

■ビデオカメラ復旧の流れ

STEP1:お問い合わせ

flow01_01
flow01_02

STEP2:初期調査(無料)

「申込書」と「媒体」を日本データ復旧サービスセンターまでお送りください。
技術者が丁寧に調査し、復旧の可否などを診断します。
論理障害であれば、復旧できるデータと概算の料金をお知らせします。
  • 復旧可能なデータや料金を確認してから復旧するかどうかを決められます。
  • もし復旧できない場合、または復旧しない場合でも調査費は無料です。

論理復旧の場合

STEP3:結果報告・お見積もり

正式な「お見積書」と「報告書」を提出いたします。

STEP4:発注・お支払い

「復旧注文書」をFAXでお送りください。お支払いは銀行振込か「e-コレクト」からお選びいただけます。

STEP5:復旧作業

業界トップレベルを誇る高度な技術でデータ復旧作業を行います。

物理復旧の場合

STEP3:結果報告・お見積もり

物理障害と判断した場合、分解調査を行うかどうかご検討いただきます。

STEP4:物理調査(分解調査)

お客様からのご依頼を受けて、物理調査に進みます。作業はすべて専用のクリーンルームで行われます。

STEP5:物理調査の結果報告

調査結果報告と復旧費用のお見積もりを提出します。

STEP6:発注・お支払い

「復旧注文書」をFAXでお送りください。お支払いは銀行振込か「e-コレクト」からお選びいただけます。

STEP7:復旧作業

国内でも希少な高性能専用機器・クリーンルームでの復旧作業を実施します。

STEP6(8):ご返却

お客様からお預かりした媒体と、復元したデータを保存したメディア(USB,DVD,HDDなど)をご返却いたします。
flow01_02data119form_btn