AOSリーガルテック株式会社が運営するAOSデータ復旧サービスセンター(旧 日本データ復旧サービスセンター)「データ119」は、犯罪捜査や企業の不正検証にデータ復旧技術で国民生活の向上に著しく貢献すると経済産業大臣賞を表彰いただきました。NEC、lenovo、Buffalo様との正規業務提携によりRAID、NAS、ハードディスクの復旧技術は業界最先端。他社では不可能と言われた復旧にも成功しています。

経済産業大臣賞

データ復元ソフト16年連続No.1ファイナルデータの技術力

AOSグループが開発、販売している復元シェアNo.1ソフト「ファイナルデータ」や、4年連続全米No.1クラウドバックアップの技術力を生かして開発したクラウドバックアップサービス「AOSBOX」など、データ管理ツールの開発で培った高い技術力があります。

AOSグループでは、1999年からデータ復旧サービスを始めるとともに、データ管理ソリューションとしてパソコン、スマートフォンのライフサイクルに合わせたさまざまなソフトウェアの開発、販売も行ってきました。データ復元ソフト「ファイナルデータ」は犯罪捜査の証拠復旧にも活用されるプロ用から、個人のお客様も使える初心者向けのソフトまで、幅広い方々にご利用いただいております。実売シェアでは16年連続1位を獲得。さらに、データ移行ソフト、データ消去ソフト、など、BCNシステムメンテナンス部門でも7年連続1位を受賞しています。4年前からは、クラウドバックアップサービスでも多くの会員様にご利用いただいております。

contact 0120-194-119メール ご相談data119 address