オンサイト

pizza_700

チラシが入っていた、新規開店のお寿司屋さん。
「出前歓迎!」とある。

さっそく注文し待つことしばし……
なかなか到着しないので、
催促の電話をかけたら、
「あっ、さきほど出ました!」との返事。

しばらくしてから
「お待たせしました~!」と持ってきた人の声は

絶対にさっきの電話と同じ声。まちがいない!

 

laboratory_700

 

当社メニューには官公庁様など、
特に機密性の高いデータのために出張サービスも承ります。

「オンサイト対応」
よくデリバリー復旧とも称されますが、
データの配達、出前というよりは、技術者を派遣(出前)し
お客様ご指定の場所でデータの復旧を行います。

機器を外部に持ち出すことが出来ない、
その場で障害対応が必要な場合など、ご活用いただけます。
お問い合わせいただければ、
即日対応にてオンサイト担当者がご説明に上がります。

まずは、初期診断を行い、障害機器を確認します。
システムの問題や論理的な障害なのか、
機械的な障害が発生している物理障害なのか、
専任のエンジニアが判断致します。

論理的な障害であれば、そのままデータを復旧作業に入り、
内容を確認していただき、早ければ即日納品となります。

物理障害の診断が出ますと作業工程が+1となり、
お客様と相談の上、一時障害機器の持ち帰りを行う場合もあります。
当社では簡易的な物理対応として、
クリーンベンチなどの機材も持ち込んで訪問しますが、
重度な物理的な障害となりますと、
専用のクリーンルームでの解体作業が必要となります。

例えばヘッド障害などが発生していますと、
ドナーの用意、 必要な清浄度を維持する設備が必要となり、
手元作業のクリーンベンチだけでは処置が行えない場合もあります。
物理障害の多くははハードディスクの外科手術となり、
それには相応の大掛かりな設備、機材のある場所で行わなければなりません。

状況に応じ、
ハードディスクの手術作業を当社のクリーンルームで行い、
クローンを作成します。
クローンからの実データの復旧作業はご指定の場所にてご納品。
データの確認も目視で行えるなどもオンサイトの強みです。

常に専任の担当者が対応し、郵送などのリスクはかかりません。
オンサイトはあらゆる状況をお客様と相談しつつ、
きめ細かい対応が可能です。

是非一度、ご用命ください。

flow01_01flow01_02flow01_03
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。