パソコンだってオーバーヒート


夏

車も人も熱に弱いですね。

パソコンや外付けHDD・NAS・スマートフォンも熱に弱いのはご存知でしょうか?
熱に弱いことはご存知でも、熱対策をしてる方は意外に少ないと言われれています。

実は日本データ復旧サービスセンターでは、気温が高い夏頃からデータ復旧の依頼が増えてきます。

熱によって、パソコン内部や機械内部が高温になることで
・発火をする
・内部のパーツが溶けてしまう
・HDDがへたれて壊れてしまう
と、どれもデータ損失につながることばかりですね。

最近のスマートフォンには高温になると自動で電源を落とてくれる機種もありますが、
そういった機能がないものでは、充電しながらゲームをして、やけどをしてしまう。
そういった事例もニュースでありました。

しかし、通電し、使用していく中で高温になるのは仕方のないことと思えます。
発熱を抑えるのではなく、発熱をしたものをどう熱を逃がすかが重要です。

車は走ることで外気を内部に送り冷却しています。
人は汗をかき、冷たいものを得ることで熱を逃がします。
機械は自走もできないですし、汗をかくこともできないです。

機械が自走してしまえば、・・・使うことがものすごく難しくなってしまいます。
汗をかけば、・・・水分なので壊れてしまいます。

ではどういった方法があるのか。
夏が近い今、いかに熱対策をするのか。

パソコンや外付けHDDなど自宅で使うものでお勧めな方法は、
【デスクトップ】
・日陰に置き使用する。
日差しのあるところに置いていると内部熱と外部からの熱でものすごく高温になり危険です!
スペース的な問題もあるのでやむを得ず、日差しの射してしまうところに置く場合は
・風通しを良くする
最近ではUSBから給電する小型の扇風機等もあるので、そういったものを使うだけでも
ものすごく排熱がスムーズになります。

【ノートパソコン】
・クーラーパッド
パソコン用の扇風機です。
排熱効率が格段と上がります。
・アルミニウム製のスタンド台を使用する。
クーラーパッド程ではないですが、パソコンの下に台を置くことで
熱を吸収してくれるという優れ物です!

【外付けHDD/NAS】
・風通しのいいところに置く
皆様、外付けHDD等を窓ぎわ等にはあまり置かないようです。。
大体はパソコンの横、テレビの裏側等に置付けする方が多いです。
そういったところに置くところの弊害は
パソコン、TVの熱+本体の熱+風通しの悪さ=壊れてしまう
排気口をふさいでしまったりしてしまうことで、壊れてしまい大事なデータを見られなくなってし まう事があります。

またどの機械にも共通することですが、一番の熱発生の原因は

「ほこり」

です!

どの機械にしろ、内部や外部がほこりにまみれることで、
排熱口がふさがれてしまって熱暴走をおこしたり
ほこりが原因で発火してしまったりと色々な弊害が生まれます。

そこで、まずは埃がたまってたら掃除機等でほこりを吸い取ったりすることで多くは改善されます。

また、ホームセンター等で販売している
・エアーダスター
スプレー缶で中にたくさんの空気が入っているものです。
こちらを使うことでほこりが沢山でてきます!!!

結局、清掃をすることがお勧めだと思います!
清掃をすることで見た目もきれいになって、故障リスクも激減する。
一石二鳥ですね!

flow01_01flow01_02flow01_03