雑談128×128

メモリ

jack-russel700

最近は単語がすぐ出て来ない。
私などはカウンターキッチンで食器洗いをしながら
子供とよく会話するのだが。

「えーと、ほらアレ、あれよ。何だっけ?」
というセリフが何と多くなったことよ…。

「きっとお母さんこうやってどんどん老いていくんだわ。
耳も遠くなって、何度も聞き返したり、
もの覚えも悪くて何度も同じことを繰り返したり…
ああ、トシとるって怖いわねえ…」と、つぶやいてみると、

「安心しろ、昔からそうだった。
今と何もかわらないよ」
と子供たちに慰められた…

pieces-of-the-puzzle5_700

「コンピュータのメモリが不足しています」
こんなエラーメッセージが頻繁に出るような時は
自分のPCをチェックしてみましょう。

メモリとは、PCが作業をする場所のようなものです。
機種によってメモリの大きさは違いますが、
広い場所があればたくさんの作業が出来るわけでして、
当然メモリが大きいほど同時に作業できる件数が多くなります。

つまりメモリ不足とは、
同時に作動しているプログラムが多すぎて作業場が狭くなっている状態です。

PCを使うときは、いろいろなプログラムが同時に作動するのが常。
インターネットを閲覧しているだけでも、ウィルスソフトがウラで動いてチェックしています。
メモリ不足の原因としてWindowsが挙げるアプリケーションは
explorer か internet explorer
が圧倒的に多いです。

それでPCの動作が遅くなったり警告が出たりします。
放っておくとPCが勝手に再起動したり、
フリーズしたりと、正直イラっとします。

でも、本当にそんなにメモリを使用しているんでしょうか?
物理的に足りてないなら、メモリを増設するとか、
行っている実作業を閉じるとか、
または自分のPCの設定で自動起動している不要なチェックボックスを外すなど、
タスクマネージャーを起動して内容を確認してください。

タスクマネージャーから見てもメモリの空き容量が相当量残っているなら
そのメッセージの原因は、
・Windows Searchかもしれません。
ファイルにインデックスを作成して、ファイル検索を高速に行う為のプログラムです。
このインデックス作成時に大量の仮想メモリ消費があります。
管理ツールから入れば、この作成作業を手動にしたり、停止にできます。

完全停止では都合悪いということもあるかもしれません。
内容によって巧く使い分けたい場合は自身でカスタマイズして行きましょう。