換算不要

metro-1179249_700

私は授業参観があまり好きではないです。
参観される側じゃなくて、する側として、ですが。
実はあまり良い思い出がないのです。

あれは、三男の小学校の算数の時間でした。

先生:「センチメートルをメートルにするにはどうしますか?」

三男:「センチをとればいいでーす。」

2392198345

パソコンに内蔵されているハードディスクには、
デスクトップ用3.5インチHDD、
ノートパソコン用2.5インチHDD、
モバイルノートパソコンで主に使用される1.8インチHDD。

TVもモニタも多くが「インチ(inch)」表示。
インチは、長さを示す単位ですが、
ヤードポンド法の単位記号は「in」または「”」、
漢字では「吋」と表します。
1インチ=1/12フィート(0.08333フィート)=1/36ヤード(0.02778ヤード)です。
メートル法に換算すると、1インチは約2.54cm(25.4mm)です。

ICやLSIなどをはじめとする電子機器、フロッピーディスクなどの電子媒体、
テレビ受像器やディスプレーモニター、自転車の車輪、航空機関連の単位として
それは「インチ」が使用されています。

日本では、1958年に尺貫法からメートル法に切り換えられましたが、
ヤード法が国内で基準にされたことはありません。
馴染みがないと言えばないのですが、
歴史的にヤード法で規格されてきた工業機械や製品、
今日、特にコンピューター関連の精密機器製品にインチが用いられるため、
互換性などからこの分野での実際の設計・製造の単位としてインチが使用されています。

ていうか、個人的には換算しにくいです。
でも電子機器関連ではもはや慣れたというか、当たり前ですし、
商品として固定イメージされた大きさですね。

flow01_01flow01_02flow01_03
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。