cube_128

断片化

clam-skald-594186_700

息子たちがまだ幼いころに家族で行った潮干狩り。
長男、三男は争うようにせっせと砂を掘り出しては、
袋に貝を詰め込んでいる。
次男は身のある貝には見向きもせず、
砂浜に落ちている貝殻をひたすらに集めていた。

家に持ち帰りコレクションを並べる彼に、
「蛤とかはね、もとの同じ貝じゃないと2枚の貝殻は
絶対に合わないんだよ。同じ形の相手は世界で一個だけなんだって」と教えた。
「世界でたった1つの相手!?」と目がきらきらの次男。

すでに断片化している貝殻をじーっと見て、
一個一個拾い上げて丁寧に合わせ始めた。

「お母さん、あった! ぴったりだよ!!」

見てみると、……合同どころか相似ですらない。

次男はその後も数学の証明問題が大の苦手だった。

>fractal_700

ハードディスクは使用していれば誰でも
読み込み、書き込み、消去、を繰り返し行っていきます。
これを繰り返すことによって、
段々とデータは断片化した状態で保存されます。

ファイルは,1個以上のセクタを使ってハードディスク上に記録されます。
(セクタとは、ハードディスクの記憶装置における最小の記録単位)
1つのファイルを記録するのに1個のセクタでは足りなければ、
そのファイルは複数のセクタに分けられて記録されるわけです。

良く例に出されるのはジグソーパズルです。
ピースがいくつかあり、それをつなぎ合わせることで1つのファイルとして記録されます。

断片化とは、すごく単純に言うと、
1つのファイルがこの連続した領域に収まらず、複数の領域に分断されています。
ジグソーパズルのピースがあっちこっちに飛んで保存されている状態でしょうか。

もちろん、ディスク上には
「どのセクタがどのファイルの何番目のセクタか」
という情報もに記録されており、通常に起動するPCからファイルを呼び出すにのに
問題はありません。(断片化が多いディスクは読込スピードに差はでるかも)

しかし、一たび障害の出たハードディスクは、
データを復旧するまでの作業難易度に差が出ます。
障害が重く、ファイルシステムにアクセスできない場合など、
この断片化した状態のデータを探すのには高度な技術が必要になります。
元のファイルはどのセクタに保存してあったのか、
という情報が消えてしまっているためです。

より高い技術がより多くのデータを救えるように、
私たちは日々、働いていきます。