雑談128×128

格付と差別化

book-1014197_700

寒ーい、土曜の冬の朝、
そこそこ混んだ電車の中では、
部活の朝練なのか、
女子高校生3人がマフラーに顔をうずめ、
扉に張りつきながら話している。
担任の話、部活の話、テストの話、アプリの話、彼氏の話。
彼女たちの会話は尽きることがない。

「今日は特に寒いね」
「スマホむちゃ冷たい」
「電車から下りて歩くのやだね」
「タクっちゃおっか?」←(まったく今時の…ブツブツ)

そこにさっきまで曇っていた空から、
太陽の光がガラス越しにさーっと入ってきた。
瞬間で車内の空気がやわらぎ、明るくなった。

「あったかいー」
「体内充電!ばっちし」
「やっぱ、太陽は偉大だね!」
はしゃぐ彼女たちはこんなことを言い出した。

「そういえば、そんな童話なかったっけ?」
「太陽の勝ち!みたいな?」
「北風と太陽じゃん、力くらべだよね、北風と太陽の」
「それそれ。結果太陽の圧勝で。
確か…そう、あれは ”格が違う” って意味だよね」

……そ、そーだっけ!?

twilight-532720_700

<意味>
物事に対して厳罰で臨む態度と、
寛容的に対応する態度の対比を表す言葉として用いられる。

こっちも意識は違うけれど、
4月からとうとう電力自由化がスタートします。

多種多様な業種から多くの会社が一般家庭にも電力を販売できる
小売電気事業者として名乗りをあげています。
通信大手もCMなどでサービスをうたっています。

通話、インターネット、電力をセットで販売されれば、
スマホ、PCユーザーにも有効なサービスになりそうです。

インターネットを使わないではいられない、この時代。

自分のライフスタイルにヒットするサービスを選ぶのは、
なかなか大変そうですが、ちょっと楽しみでもありますね。

flow01_01flow01_02flow01_03