内山128

物流H.U.

>組織図

日本データ復旧サービスセンターでは、
コンサルチームが電話受付、フリーダイヤルにてお客様と直接ご相談し、
技術おたくの復旧チームがお客様のデータを調査、診断、復旧し、
完璧主義の物流チームが媒体を解体、組込、管理、梱包と、
淀みのない流れで、お客様の大切なデータをお手元へと、届けさせていただいています。

前回、前々回の紹介に引き続き、今回も弊社のメンバーを紹介いたします。
物流チームのリーダー、Uさんです。

うっちー700

体力と手先の器用さが自慢のUさん。

お客様からお預かりした調査媒体は、
まず物流チームが「解体作業」を行い、
データが記録されている記録媒体を取り出し、
復旧チームに引き渡します。
調査が終われば、今度は記録媒体を調査媒体に組み直す「組込作業」を行い、
お預かりした最初の状態に戻します。

これら精密機器の解体と組立には非常に精細な技術が必要とされますので
物流チームの部屋の中には沢山の工具や機器が取り揃えられています。

その一つ一つを使って、
大型の一体型PCから最新型スマートフォンまで
解体・組込をしていきますが、これには技術だけでなく、
スピードも求められる重要な仕事です。
一刻も早く解体して、復旧チームに媒体を引き渡さなければ、
お客様の手元にデータをご納品する時間もまた、引き伸ばされてしまうからです。
その精細な技術とスピードを常に保つため、
物流チームはメンバーの連携性を大切にし、
互いに確認し、協力しながら仕事に取り組んでいます。

そんな活気溢れる物流チームメンバーを取りまとめるUさんから。

「取り扱いが難しい精密機器だからこそ、
 安全・丁寧・完璧な梱包が必要になります」

お客様が大切なデータを受け取られた時に、
「日本データ復旧サービスセンターに依頼して良かった」
と言って頂けるようにスムーズで丁寧な仕事を心がけ、
Uさんは日々、工具を片手に精密機器と向き合っています。

flow01_01flow01_02flow01_03