組み合わせ

sushi-1387860_700

息子のクラスにはタイからの留学生がいる。
かなりなレベルで日本語は操るが、漢字だけはさすがに不得手のようだ。
先日我が家に遊びに来て夕食を一緒にした。

後日、彼から丁寧なお礼状が届いた。
その手紙の中に度々登場する、

「貴様」という単語…

貴い、様
彼なりに最高の格付の漢字を使用したと思われる…

 

 

 

パーツ2

とあるグルメ漫画にもありましたが、
「最高素材×最高素材で作れば必ずや最高品が出来る、というわけではない」
その組み合わせというものがあるのだそう。

パソコンのパーツにもそれはあるようです。
基本的にパソコンは下記6つのパーツの組み合わせで出来ています。

1、マザーボード
2、CPU
3、ハードディスクドライブ
4、メモリ
5、光学ドライブ
6、電源

では、これらを最新バージョンを買い求め、
それで構成すれば最高のパソコンが出来上がるのかというと、
そう単純な物ではないようです。

選ぶべきパーツを間違ってしまうと思ったようなスペックが得られなかったり、
最悪の場合はせっかく組み立てたパソコンが起動しない、
という事態にも陥りかねません。

それぞれの規格が合うかどうかの確認もしなければなりませんし、
例えばCPUですが、
これはパソコンの中核になる一番重要なパーツです。
パソコンの脳ともいえます。
必ずマザーボードのCPUソケットの規格と合ったものにしなければいけません。

しかしCPUソケットの規格が合っているからといって
必ずしもマザーボードがそのCPUに対応しているとは限りません。
その辺りもマザーボードの箱やメーカーサイトで調べなくてはなりません。

また、規格を揃えたとしてもパーツの相性問題という闇も潜んでいます。
どんなにPCパーツが高性能化しても、起こり得る問題です。
最近ではショップで購入時に相性保証、パーツ交換保証などもあり、
それらを利用する人もいるようです。
万が一トラブルが起きた場合のことを考えると無難な選択かもしれません。

この単純なパーツの何かが壊れても、
パソコンは急に物言わぬ機械となってしまいます。
もし、データが取り出せなくなった場合には、
当センターの無料診断をお受け下さい。

症状に応じて専任の担当者がお見積りを差し上げます。

flow01_01flow01_02flow01_03
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。