128

鷹の爪

clawsつめ_700

習字を習っていました、書道部でした、と言うと、
外国のお客様から時々サインを頼まれます。

サインとは言っても私自身のサインではなく、
オリジナルTシャツやタトゥーシールの台紙などです。
殆どは漢字を、と依頼されます。

さらさらっと毛筆で書いて渡すと、
「クール!」と言って大変喜ばれます。

先日もサンフランシスコ在住、筋骨隆々の男性から頼まれました。
渡された用紙も大判で、太筆でとのこと。
フォントでは存在しない、毛筆の勢いや墨汁が流れるような、
墨痕淋漓たる書体がご所望でした。

会社のイベントなどで着る、
全スタッフお揃いのジャケットの背中に大きく、プリントしたいとのこと。
ご希望漢字選択は、

「鷹の爪」

ええ、わかります、その気持ち。
目立ちますものねえ、筆字プリント、漢字。
鷹、爪、とーっても強そうです。
画数の多い漢字で字面もカッコイイし。

でも、それでいいんでしょうか・・・、
「トウガラシ」なんですけど・・・・・。

chili-pepper_700

データ復旧を実際に行うには、
色々な機器から中に納まっているHDDやメモリを取り出さねばなりません。
PCはもちろん、外付けHDDやネットワークHDDも、ビデオカメラなども
状況に応じて、外側のケースを外してから作業致します。

色々な種類がありますが、
ねじで固定されているケースもあれば、
最近のお預かり品で多い物には、
「ツメ」という突起に
「受けツメ」という相手の穴に引っかけて
ふたをしてあるケースがあります。

さらにその中にはこの、ふた一度外すと、
ツメ自体が一部折れてしまう構造の物もあります。

中身のHDDやデータ復旧自体に支障はありませんが、
ツメが甘くなるので、復旧後に調査媒体を組戻すと、
若干外れやすくはなってしまいます。

弊社ではそういった場合には必ず、
お客様に事前にご案内を差し上げております。

お客様の大切な資産は、もちろんデータも含め、
丁重にお預かりさせていただいております!

flow01_01flow01_02flow01_03