sign-1342247_128

英語のエラーメッセージ

friends-1255442_700

通りを歩いていると、
周囲をキョロキョロと見回しながら、金髪碧眼の男性がこちらに近づいてきます。

「道を聞かれる!」
そう思った瞬間、私の脳内ではすでに、
「道はわかるが、英語がわからないからここはやり過ごそう!」
という指令が出ていました。
だから、その男性の口から
「一番近い地下鉄の駅は、どう行きますか?」
と流暢な日本語が流れてきたのと同時に、私はすでに駆け出していました。

逃げだしながらも

「あれ?今のヒト、日本語だった!」

と気づいたのですが、、、、

…もはや後には引けませんでした。

 

ブルー

昨日まで普通に日本語でやりとりしていたパソコンが、
急に英語でなにやら要求してきたら…
焦ってパニックになります。

同じパニックでも日本語なら、まだしもとっつき易いのですが、
エラーメッセジはほとんどが英語です。しかも専門用語。

パソコンは日本のメーカが一から作っているわけではありません。
大半のパーツを他国のメーカから購入しています。
パーツを製造しているメーカも、
売る対象が日本のみではないので英語でメッセージが出力されます。
パーツだけでなくソフトウェアもこれに当てはまります。
いちいち翻訳をするにもコストがかかります。

それでも日本で売られているパソコンなら
ほとんどのメッセージは日本語に訳されています。
しかし、めったに出ないような一部のエラーメッセージは訳されてはおらず、
また、エラーが発生したときに、
翻訳機能が使えない状況にまでなっていたりと、
日本語が表示できるとは限らないということです。
エラーはBIOS,OSが出してくるものなので、
日本語を表示する処理を使えない場合があります。

もし、BIOSやOSが外国メーカー品ではなく、
両方とも国産メーカーだとしたら、
エラーメッセージも日本語で表示されるかもしれませんね。

しかし、内容がわかったとて、じゃあどうすれば回復するの?
という話になりますよね、やはり。

・ブラックスクリーンに英語表記
■OS障害の可能性あり
■ファイルシステム障害の可能性あり

・ブルースクリーンに英語表記
■不良セクタの可能性あり
■OS障害の可能性あり
■ファイルシステム障害の可能性あり

・ブラックスクーリーンにカーソルのみ現れる。
■OS障害の可能性あり
■ファイルシステム障害の可能性あり

・日本語表記で、↓キーで選択可だが、スタート修復画面に戻る。
■OS障害の可能性あり
■ファイルシステム障害の可能性あり

不良セクタは物理障害のカテゴリに入りますが、
比較的復旧率は高いものになることが多いです。
また、色々な不具合は併発し、複合的な要因もあり、上記はあくまでも目安です。

お持ちのパソコンが、つれなくなる画面は多々あれど、
データをバックアップしなくてはならないのは共通かと思います。
いきなり意思疎通が出来なくなった愛機から、
データを救い出すお手伝いをしたいと思います。

何事もまず、当社までご相談下さい。

flow01_01flow01_02flow01_03
carbon-476087_128

ハードディスクの仕組み

diamond-1186139_700

面倒が嫌いで、端的にしか物事を表現しない三男。
もちろん国語の成績は見るも無残な有様だ。
それでも化学や物理は若干安心していたのだが、甘かった…

教師「ダイヤモンドは何で出来ていますか?」
三男「炭素です」
教師「そうですね。石炭も炭素ですが、この二つの違いは何でしょう?」

三男「値段」

 

 

de_.______________

パソコンに内蔵されている、
データを保存する補助記憶装置がハードディスク(HDD)。
あまり開けて見る機会もないものですが、
ハード、と言われたゆえんか、その素材は固いものです。

外側は専用の金属の箱カバーで覆われており、
中には円盤状の磁気ディスクが格納されています。
記録部分はこの磁気円盤(プラッタ-)という部品で、
基板材質はアルミニウム合金や硬質ガラスに
磁性体をコーティング(めっきなど)したものになります。
パソコンの容量に応じて1~4枚のディスク(プラッタ-)が
1つのHDDカバーの中に重なって入っています。(上写真参考)

lp-376549_700

開けてみると実に昔のレコードプレイヤーに似ています。
このディスク盤面をレコード針のような磁気ヘッドが移動し、
データを書き込んで行きます。
磁気ヘッドはプラッタ表面の磁気記録層に対して磁気データを読み書きします。
磁気ディスクの各面(表裏)に対してひとつの磁気ヘッドがあり、
ディスクが3面なら、磁気ヘッドは、6個あることになります。

ディスクの回転数は、毎分7200回転、5400回転とあります。
騒音や消費電力を考えなければ、
回転数が高い7200の方が転送速度が速いので、
速度重視では7200回転が主流になりつつあります。

この場合、ディスク最外周の速度は時速約120km。
磁気ヘッドは、この回転によって生じる空気によって浮上して移動します。
この浮いているすき間はなんと10nm以下…(ナノです!)
すなわち0.00001mmしか浮いていないことになります。
超低空飛行する飛行機のようなものですね。

データ復旧では磁気ヘッドに支障がありと判断されれば、
初期診断は物理復旧の診断、見積となります。

このナノ単位の隙間に何も付着させずに、
データ復旧作業を行うにはクリーンルームが必要です。
クリーンルームでお預かりするHDDは
衝撃を与えることなく解体し、磁気、熱、湿気、さらにホコリなども大敵です。
また、クリーンルームだけあっても何ともなりません。
機器やシステムに精通したエンジニアも必要なのです。

自社で物理復旧までもこなせる当社サービスセンターは
より早く、より安価なサービスがご提供できます。

flow01_01flow01_02flow01_03
雑談128×128

OSの互換性

rails-845958_700

話を聞きながら発言すると、「黙って聞いてよ」といわれる。
話を黙って聞いていると、「なにか言ってよ」といわれる。

やきもちをやくと、「しばられるのはいや」という。
やきもちをやかないと、「もう愛はないのか」という。

そうだねと賛成すると、「自分の考えがない人ね」といわれる。
そうじゃないと反対すると、「理解がない人ね」といわれる。

互換性って何だろ…と、友人はつぶやく。

「よく、話してお互いに歩み寄りなよ」
と、進言しようとしたが、
「これは、のろけだ!」
と、すぐに気付いた、独り身のオレ。

apple-149655_700

 

WindowsとMacの互換性。
歩みよらないイメージはあるが、共用はできます。

当社の場合は復旧したデータを
別の記憶媒体(外付HDD、USBメモリ)に取り出して納品しています。
基本的にはお預かりした障害媒体(パソコンなど)のOSに
合わせたフォーマット形式で納品媒体にライティングしています。

ハードディスクには数種類のフォーマット形式があり、
Windowsで使っていて、Macに乗り換えた場合、
WindowsではNTFSというフォーマットを使用している事があり、
この場合Macでは認識しなくなります。

Macで使えるようにする為には、
下記のいずれかでハードディスクをフォーマットしてあげる必要があります。
当社は事前の聞き取りにて、それぞれのフォーマット形式で対応しております。
※OSのバージョンにもよりますので、対象外もあります。

・HFS+:ファイル転送制限無し、Macのみで使用可能。

・exFAT:Mac・Windows両方で読み書きが可能。容量制限無し。

・FAT32:1ファイル4GB制限、1ボリューム2TB制限、MacとWindow両方で使える。

・NTFS :Mac OSⅩでは書込が出来ない。読込は可能。容量制限無し。

WindowsとMacで共用できるフォーマットもありますが、
フォーマット形式によって制限があるものも存在するので、
今後の運用も考えて選びましょう。

flow01_01flow01_02flow01_03
news_128 (2)

読売新聞の掲載 「Nuixインベスティゲータ」

sand-beach_700

週末になると家族からレンタルDVDのリクエストを受ける。
会員証が自分の名前だから仕方ないのだが、
自分が観もしない映画を借りて帰るのは正直メンドー。

あまり真剣に請け負わないので、タイトルはうろ覚え…
しかし「TSUTAYA」は店舗に検索マシンがあり、
アタマ数文字わかるとジャンルからも検索できるので、
あまり困らないのだ。
砂浜で星の砂を探すような、そんな地道な苦労はなくなった。
今時は本当に便利になったなーとしみじみ思う。

しかし、
「アベンジャーズ借りてきて!」
と頼まれ、
「アドベンジャー」で検索した時には、、、、、

膨大な検索結果が現れ、50作品から取りあえず
一番上にあった映画を借りて帰った。
壮大な冒険の物語を、、、、、

家族から非難を浴びたのは言うまでもないが、

「自分たちで借りに行け!」
と私は言いたい…。

スクリーンショット_700

2016年5月6日
5月5日(木)の読売新聞の朝刊6面(国際面)にて、
「パナマ文書」に関する弊社代表佐々木隆仁のインタビュー記事が掲載されました。

(記事要約)
”膨大文書分析・ソフトが一躍”2.6テラバイトもの膨大な情報を分析するために利用されたのが、
日本ではAOSリーガルテックが販売する「Nuixインベスティゲータ」であり、
パナマ文書を検索しやすいようにインデックス(索引)を付ける時間は、1.5日しか掛からないという。

(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160505-OYT1T50026.html/

膨大なデータに対応できるツールは「Nuixインベスティゲータ」(特許)のみ。
ただの検索機能とは質が違います。
巨大なボリュームのデジタル証拠を迅速に処理するためのソフトウェアです。

http://fss.jp/nuix-investigator-lab/

news_128 (2)

想い出復旧 定額キャンペーン

latin-929823_700

姉がせっせとお金を貯めて、
長年の夢だったイタリア旅行に旅立った。

用意周到タイプの彼女は、
盗難防止の旅行グッズを買ったり、
デジタル一眼レフのカメラを買ったり、
イタリア語を習ったりと、計画遂行に余念がなかった。

姉から、
「ばっちり習得したから、あんたにあげる!」と、
イタリア語の教科書(※日本語訳付)をもらったので読んでみた。

その題材は男と女の出会いから始まる恋物語。
派手なカラーイラストが挿し込んであり、
「ラテンの国っぽいなあ」とも感心し、読み進んで行くと、

『男が兵役に行っている間に女は億万長者の別の男に口説かれ、
その情熱に負けて結婚してしまう。
男がやがて帰国し事実を知ると、復讐に燃えつつ相手の男と女を刺してしまう。
ようやく一命を取り留めた女は後悔して尼僧になる』
という、壮絶なストーリーが展開されていった。

果たしてこれで覚えたイタリア語を、
旅行中に姉が活用する機会が訪れるのか、、、
そこは疑問に思ったが、一丸レフカメラは活用するだろう…。

photographer-455747_700

データ復旧サービスのAOSリーガルテック株式会社は、
ゴールデンウィークなど行楽シーズンを控え、
ビデオカメラやSDカードなどの写真や動画などのデータ復旧を
定額かつ通常より低額でご提供するキャンペーン(詳細は以下)を実施いたします。

過去の主なご依頼例のうち、GWなどの行楽シーズンに多い症例は以下となっております。
1位 お子様が誤削除してしまった。
2位 SDカードをフォーマットしようとして、本体データを消してしまった。
3位 PCやDVDなど他のメディアにデータ移行しようとしたら消えた。保存できてなかった。
4位 ビデオカメラ上の保存した動画を再生しようとするとエラーが出る、再生できない。
5位 撮影中に誤って落下し破損・水没した。
いずれもデータ復旧の可能性があります。
お客様の大切な想い出に微力ながらお力添えできればと思いますので、
是非この機会にご利用ください。

■キャンペーンの概要
・対象装置(メディア) :ビデオカメラ、SDカード、マイクロSD、USBメモリ
・対象期間      :5月3日(火)から5月31日(火)までの受付

 

flow01_01flow01_02flow01_03
balloons-693730_128

BIOSの役目

mother-1327186_700

「お母さん、”良好”の反対って何だっけ?」
息子の質問に「”不良”じゃないの」と答えた。
息子は何かに書きつけて、首を傾げる。
「でも何か変な感じだな、いいオトナが”不良”って。やっぱ辞書引いてみるか」

は? 何の話だ、一体、、、と息子の手元を覗いてみた。。

息子は新学期に学校に提出する、「家族調査票」に記入していた。
家族構成の欄には、
母親の名前の右となりの枠には→「良好」とあり、
兄二人も「良好」とある。
父親の名前の右となりの枠は→「険悪」と書き直されていた…

そこ、「続柄」だよ…「間柄」じゃないから。

 

computer-87178_700

 

コンピュータで切っても切れない関係性は
ハードウェアとソフトウェアの間柄。

「ハード」と言えば、もちろん、パソコンなどの機器本体、
モニターや、プリンターなどの各種装置です。
しかし、ハードウェアを制御する「ソフト」がなければ、
ハードウェアをまともに動作させることはできません。

ハードウェアとソフトウェアの共生関係はひとりでに発生するものではありません。
コンピュータ起動時には、いくつかの初期設定が必要です。
この初期設定を担当しているのが BIOS および UEFI です。
BIOS と UEFI(ファームウェア) はマザーボードに組み込まれた
小さなソフトウェアで、起動中に自動的に実行されます。
BIOS や UEFI の最も重要な役割は、
ハードウェアの制御を引き継ぐソフトウェアへの橋渡しです。
ここを通過してハードウェアはOSにつながるのです。

こうしてやっと、
PCはただのもの言わぬハードウェアから、
人間の命令を解して機械を操作出来るようになります。
それがOSの仕事といえます。 基本ソフトなどとも言われます。

普段はキーボードをたたけば文字が出ることなど当たり前です。
しかし、キーボードのキーは単なるスイッチです。
OSがあるから、そのキーが押されると、PC本体はキーの種類を判別し、
そのキーに対応した文字データーを読み出して動きます。

PCには様々なエラーがあります。
エラー画面と警告音も伴うこともあります。
BIOS、UEFIエラーは、OSにたどり着けない状態のものが多く、
データは取り出せる可能性が高いものとなります。

専門の機材やエンジニアが手掛ければ、
大切なデータを残すことが出来るのです。

flow01_01flow01_02flow01_03