128cutlery-791244_640

RAIDの入替

mona-lisa-1846976_700

部長に電話がかかってきたので取り次いだ。

川崎部長、大村様からお電話です」

部長は手元の書類から目を離さずに、
「ああ、わかった」と言っておもむろに受話器を上げ、

「はい、川村ですが」

と50年以上も名乗ってきた
自分の名字をいとも簡単に入れ替えていた。

 

technology-1587673_700

 

ハードディスクを複数台搭載し、
データ読み込みの高速化や大容量化、
また物理障害に対する保護するのが、
「RAID」(レイド)です。

これらのRAIDには
「コントローラー」というボード(基盤)が実装されます。
「RAID controller」(レイドコントローラ)、
または「Disk array controller」(ディスクアレイコントローラ)
と呼ばれているパーツです。
デスクトップパソコンのマザーボードに最初から実装されている物もあります。

ディスクへの読み書きの窓口となる装置で、
複数のハードディスクを並列に並べRAID構成にして処理を分散します。
書き込み時にはデータを各ディスクに振り分けたり
読み込み時には各ディスクから読み込んだデータも適正に処理します。

もしハードディスク本体がが壊れても困らないように、
そこを交換して対処できるように設計されています。
しかし、これはデータの保全ではなく、RAIDを再び使用可能にすることです。

ここで認識しなくなったハードディスクをRAIDケース(筐体)から外し、
単純にデスクトップパソコンの空いたドライブベイのトレーに差し込んで増設したり、
外付けハードディスクケースに入れてUSBケーブルから接続しただけでは、
書き込まれたファイルが正しく開けない場合もあります。

故障した箇所がパソコンかハードディスクか、
RAID本体かよくわからない、という時は、
パソコンのBIOS画面(バイオス)やデバイスマネージャーを開いて
外部デバイスとして認識され、正常に表示されているかを確認したり、
RAID本体のアクセスランプ(LED)の点灯の状態などで
ある程度は壊れた部分を把握できます。

しかし、想定外の正常に機器に認識できないトラブルなどが発生したり、
アクセスや読み込みのエラーでハードディスクにまで
問題が起こる可能性もゼロとは言い切れません。
そして新品の RAID ボードに差し替えても 、
がすでにRAIDそのもの崩壊していることもあります。

データを取り出すのが目的であるなら、専門のデータ復旧にお任せ下さい。

flow01_01flow01_02flow01_03