RAIDの方式について

RAIDの⽅式について

RAIDの方式とは、ハードウェアの方式とソフトウェアの方式があり、今回は、それらについて詳しくみていきたいと思います。

ハードウェア方式

RAIDのハードウェア方式には、RAIDコントローラカードを使用するものとディスクアレイユニットを用いる2つの方式があります。

RAIDコントローラーカード

RAIDコントローラーカード

RAIDコントローラと呼ばれる基板をPCに取り付け、RAIDの制御やディスク管理を任せるものです。
一部の製品にはマザーボードにRAIDコントローラ機能を持っている製品があり、この場合はコントローラを別途用意する必要がない為コストを削減できます。
CPUの負荷は少ないですが、多くの場合コントローラ制御用のドライバをインストールする必要があります。
導入コストが安い等のメリットはありますが、OSやPCの性能に依存する事が多く、純粋なハードウェアRAIDと比較すると劣る部分が多いとも言えます。

ディスクアレイユニット

ディスクアレイユニット

上記のRAIDコントローラと違い、特別なドライバは必要なく、CPUへの負荷がほぼありません。
オートリカバリ機能を備えているため障害にも対応でき、RAIDコントローラとドライブが一体化しているので全体としての信頼性が高いと言えます。
RAIDコントローラやソフトウェア方式に比較すると、イニシャルコストが高くなる傾向があります。

ソフトウェア方式

RAIDソフトウェアを利用することで、OS自身がIDEなどを通して複数台のディスクを管理する方式です。
ハードウェア方式と比較するとCPUへの負荷が高いですが、特別なハードウェアを購入する必要がないという利点があります。
パリティ演算を行う必要があるRAIDの場合、CPUの性能に左右されます。

RAID復旧サービスのバナー

flow01_01お問合せ:TEL:0120-194-119 月~金曜日(祝日を除く)9:00~18:00メールでご相談