japan-343444_128

Androidバックアップ

false-98375_700

衝撃的な答案用紙を回収した、中学校現国教師のA。
【問3】次の○字に語句をうめよ。
「後悔、○に立たず」→「後悔、役に立たず」

…そこでAは浪人時代に何度もみた夢を思い出したという。

受験日がせまる、焦るA。どうしよう…
ひざまづき、ひたすら祈りをささげるA。
「神様、神様、どうか大学に受かりますように。」

するとどうだ、
神の声が響き渡る。
何でも言うことを聞くか?
「はい、もう何でもします」

勉強しろ

ここでいつもAは目覚める。
そして後悔しないためにも、その日一日を勤勉にスタートさせるのだ。(美談修正)

 

full-moon-496234_700

「週末にスマホの写真データをPCで整理しようと思った矢先に、
かんじんのスマホのデータが飛んでしまい…」
悲痛な声が届きます。

なぜ、あの時に、あの日に、もっと前に、
データをバックアップ取らなかったんだろうか…

そんな苦い後悔を残念ながらよく耳にします。。

クラッシュしてからデータ復旧を業者に依頼すれば、
その手間、時間、費用と、元来はなかったはずの負担がかかります。

事前にバックアップを取る、データの保管場所を確保する、
意外なことに定期的には行わないのが現実です。
やはりコトが起きる前に、そのデータを安全、かつ、容量の心配もない、
クラウドという選択は、この時代の金庫ではないでしょうか。

実際に他の記憶メディア(外付けHDD、メモリーカード、光ディスクなど)に
データをバックアップを取るとしても、多くは手動となります。
また、その記憶メディア自体も絶対的なバックアップ先ではありません。
バックアップ先からデータが読み込めない、
バックアップしている途中で異常終了した、アクセス不能となった。
そんな、お電話が多いのも否めません。

何も心配がいらないバックアップは、とにかくクラウドです。

一度設定しておけば、自動的にバックアップを取り、
しかもデータの格納先が安全、安心に確保出来るのがクラウドサービスの強みです。

いつでも好きな時にアクセスが出来、容量オーバーの心配も要らない。
その使い勝手の良さとセキュリティ、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

aoscloudtop02[1]

http://http://aosbox.com/aoscloud/

cat_128

猫と共存

cat影_700
日々お電話をうけていると、
色々なハプニングに見舞われた方からのご相談を受けます。

例えば
・ワインをこぼした。
・コーヒーをこぼした。
・電源コードに引っかかってパソコンが飛んでいった。(何処へ!?)
・子供がビデオカメラのデータを全削除した。
・かばんの中でiPhoneがイチゴミルクまみれになった。
・怒りに任せて、ノートPCのふたを力任せに閉めたら壊れた・・・・・
などなど。

中でもよく耳にするのが猫による被害です。

私の家にも猫がいます。
私が友人から譲り受けたオスの黒猫、「ぺぺ」。
まぁなんともこいつが活発でして。

普段私の部屋(8畳)に閉じ込められているので、
スイッチが一旦入ると尻尾を極太に膨らませて、カーテンレールの上や、
部屋中を走り回り、猫草を食べては・・・・嘔吐します。

場所はもちろん選びません。
・・・いや、ある意味選んでるのか?
というくらい、一番やってほしくない場所で粗相します・・・・・。

部屋の入り口一歩目(トラップです)、お気に入りの服の上、大切にしていた本の上、
そしてPCの上・・・・。
この、ブツを発見した時のどこにもやり場のない怒りと絶望感たるや、もう。

はしゃぎすぎて机の上からHDDを落としたり、スマホを落としたり。
花瓶を倒して一帯が水浸し、
毎日がアドベンチャーで、サバイバルです。

人生何が起こるかわかりません。
転ばぬ先の杖。ぺぺと暮らす私の教訓です。

データは必ず複数の媒体に保存すると安心です。
もしくはもうお空に上げてしまう【cloudシステム】が便利かもしれません。
容量がいっぱいになったからと、移すだけのデータ管理を止めて
安心安全なデジタルライフを過ごしましょう!

ふっ! バックアップ体制が万全ならば、
ぺぺとがっつり四つに組めるというものです!!

ペンネーム ∞17WM∞

AOSBOX

flow01_01flow01_02flow01_03
iphone-518101_640

一番身近なデータ

AOSBOX

パソコンや外付けのハードディスク、USBメモリ、SDカード、DVD-R…
データを保管する媒体は様々ですが、皆様にとって一番身近でよく触れる媒体ってなんでしょうか。

私は「携帯電話」だと思います。

お仕事している方はパソコンに触れる機会の方が多いかも知れません。
しかし、まだまだパソコンの代わりにはならないとはいえ,
タブレットを活用している方々も徐々に増えつつあります。
また、個人のお客様であれば、「スマートフォンしか持ってません!」
という方も多いのではないでしょうか。

実際に2013年時点での日本国内のスマートフォンユーザーは約4050万人という統計が出ています。

電話帳は携帯電話にしか入っていない。
あとで整理しようと撮り溜めた思い出の写真の数々。
大切な人とのメール、LINEなどでのやりとり。
お子様の成長記録である動画。いつでも見られるアルバムのように。

何時も傍にある分だけ、触れる機会も多く、まさに生活必需品。
その小さな筐体に保存されているデータの価値は、計り知れないのではないでしょうか。

では、そんなスマートフォンのデータが、
もし、消えてしまったら・・・

・・・・考えたくないですね。

しかし、実際に日本データ復旧サービスセンターへの依頼もスマートフォンの割合が年々増えてきています。

「まさか壊れるなんて・・・・」
「私の携帯に限って・・・」
「いつかはバックアップとらなきゃなぁ・・・」

そんな時に事故は突然やってきます。
機械は何かの弾みで壊れます。なんでも完璧なものはありません。
過去記事の「バックアップのおすすめ」にもあるように、
二箇所以上にバックアップをとったり、クラウドを利用しデータの保存を行う。
そうして、リスクを最小限にすること。
それが何よりの対策方法です。

自分のデータを守れるのは自分しかいないのです。
何かあったときには是非お力になりたい!というのが私たちの願いではあります。

しかしながら、私はお客様に対し、
「“何も”ないのが一番良いとは思いますが、何か起きましたら是非、ご相談下さい」
とご案内しております。

flow01_01flow01_02flow01_03
AOSBOX小

バックアップのおすすめ

AOSBOX

みなさま、大切なデータのバックアップを日頃とっていますか。
とっていると回答された方は、何にバックアップデータを保存されていますか。
多くの方が外付けHDDなどの外部記憶媒体にバックアップデータを保存されていると思います。
しかし保存されたバックアップデータは、それで安心・安全でしょうか?

バックアップを取っていた、その外部記憶媒体からのデータ復旧のご依頼をいただくことがあります。

外付けHDDに限らず、電子機器は消耗品です。
本体には寿命もあり、また、想定外のトラブルによって、壊れてしまう場合があります。
技術の発達によって、当然この寿命は延びつつありますが、
やはりいつまで使用できる完璧な機械はありません。

これには経年劣化という症状が主に影響しています。
HDDは、何度も使用しているとバッドセクタと呼ばれる機能しない部分が生じます。
それによって、うまくHDDの情報を読み取ることができず、
外付けHDDが認識されないというような事態を引き起こしてしまいます。

その他にも多々の事情により、HDDが認識されなくなったり、
中にはコードに躓いて衝撃を与えてしまったりと、
その原因はさまざまですが、急に認識をされなくなったなどのあらゆるリスクが存在します。

その結果、せっかくこれまで保存してきたバックアップデータにアクセスできないという事態に陥るのです。
データを失ってしまったお客様のお気持ちはお電話を通しても、
その理不尽さと焦燥感が私たちに伝わってきます。

では、このような事態を回避して大切なデータを守るためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、データを2つ以上の媒体に保存したり、
クラウドを利用して保存したりして、リスクを分散することが大切だと思います。
HDDをはじめとした精密機器に、絶対安全という保障はありません。

データを命のように・・・

そうです、もしもの事態に備えてリスクヘッジしていくことを
是非、この機会にご一考ください。

flow01_01flow01_02flow01_03