shindankatikatitop01

attention_btn

初期化、誤削除はデータを復旧できる可能性が十分ございます!

shindandelete03

データが消えた際注意すること!

データが消えた後、PCを使用し続けることで、データの上書きが進行します。データが上書きされてしまうと、もともとあった情報を新しい情報に書き換えてしまいますので、消えたデータの復旧が難しくなります。すぐに電源を切り、データ復旧専門の業者にご相談ください。

解説

データが消えた場合、目には見えませんがハードディスク内にデータは残っている可能性があります。(※ディスクの管理情報上では削除扱いになりますが、実データが完全に削除されたわけではない為、メモリ内に残っていることが多いのです。)ただ、データが消えた後、どのような対処をされるかが重要になります。

shindandelete04

 

復旧の可能性は十分ございます!

過去にデータを喪失し、復旧をあきらめた方が49.7%
まずはお電話ください。

shindankizuitara03データの喪失経験についての一般の人6,000人に質問したときのデータです。過去にデータを失くした経験のある人は、全体の73.5%となりました。
shindandelete06-01_
shindankizuitara04

データを失くしてしまった人に、その時どうしたかを聞いたところ、全体の49.7%、約半数の方はあきらめたと回答しています。

shindandelete06-02

shindankatikati03

shindantop04_title

shindantop04

最も多いのが、OSが立ち上がらなったりした時に、強制的に電源を落とした後に何度も電源のON/OFFをするパターンです。電源のON/OFFはやればやるほど確実に障害を進行させます。
パソコンを立ち上げるだけでハードディスクを使用することになるため、ハードディスクのプラッターの同じ箇所にヘッドが移動して、浅い傷が深くなることもあります。深い傷が付いてしまった場合は重度の物理障害となり、データが完全に取りだせなくなってしまう可能性があります。

shindantop05_title

shindantop05

パソコンに多少詳しい方でも、ディスクをチェックするツール等を使用することはお勧めできません。障害が重い場合、ツールによるアクセスだけでもディスク内のデータが変化し、かえってデータ復旧ができなくなる場合があります。障害の状態がわからないままでディスクにアクセスすることは避けてください。症状を悪化させる前に無料の診断をおすすめします。

shindantop06_title

shindantop06

データ復旧には高度で専門的な知識が必要です。残念ながら、低価格を売りにしている業者などは、障害の状況判断すらままなりません。モーターが駆動するかどうか、BIOSで認識するかどうかで、論理障害、物理障害の判断をしたりするようです。障害には程度があり、状態に合わせた適切な処置、復旧方法があります。こういった業者に預けられた媒体が、AOSデータ復旧サービスセンター(旧 日本データ復旧サービスセンター)「データ119」に持ち込まれることは珍しくありません。

急速に進化する情報化社会

AOSリーガルテックが運営する、AOSデータ復旧サービスセンター(旧 日本データ復旧サービスセンター)「データ119」には、パソコンメーカー様やハードディスクメーカー様と提携できる技術力と経験があります。障害媒体の初期調査は無料でさせていただいておりますので、まずはご相談ください。


contact 0120-194-119メール ご相談data119 address