専門家が無料相談!他社で不可能な復旧でもAOSデータ復旧サービスセンターなら多数成功実績!

テープ(LTO・DAT・DLT)復旧

RECOVERY ITEM

テープ(LTO・DAT・DLT)復旧はお任せください。

重度の損傷を受けたテープ、データが読み込めなくなったテープから、バックアップデータを回復します。AOSのテープデータ復旧エンジニアは、バックアップテープからデータを回復する専門家です。損傷したテープからデータを読み取ることができ、ハードウェアまたはソフトウェアがもはや利用できないテープからデータを回復するための専門復旧技術をもっています。

対応メディア

・DAT (DDS, DDS2, DDS3, DDS4)
・DLT (Super DLTテープ, DLT Ⅲ, DLT Ⅳ, DLT-1)
・LTOLTO (LTO2, LTO3, LTO4, LTO5, LTO6, UltriumTape)
・CMT
・オープンリール 他

対応バックアッププログラム

ArcServe、Microsoft NTBackup、UNIX tar、Backup Exec、EMC Legato Networker 他

対応OS

WindowsNT、Linux、Solalis、Unix、AIX、HP-UX 他

対応データベース

MS SQL、Oracle、tar file 他

  • STEP.01

    お問い合わせ

    まずはご相談ください。復旧可否や費用等、詳しくご案内します。

  • STEP.02

    初期調査(無料)

    「申込書」と「媒体」をセンターまでお送りください。
    技術者が丁寧に調査します。
    復旧可能なデータや料金を確認してから、データ復旧するかどうか決めることができます。
    復旧不可能な場合、復旧しない場合は、作業料金はかかりません。

  • STEP.03

    結果報告・お見積もり

    正式な「お見積もり書」と「報告書」を提出いたします。

  • STEP.04

    データ復旧の発注・お支払い

    「復旧注文書」をFAX等でお送りいただきます。

  • STEP.05

    復旧作業

    高い技術を誇るデータ復旧の専門技術者が、データを救出します。

  • STEP.06

    ご返却

    お預かりした媒体と復元したデータを保存したメディアをお送りします。

    ▶詳しくは「復旧までの流れと日数」へ

■初期調査

初期調査費用は「無料」です。
トラブルが起きたら、まずご相談ください。
お客様の大切なデータを復旧できるかどうか、専門技術者が「無料」で調査します。
調査後、結果と復旧にかかる大体の費用をお伝えします。
復旧作業を行うかどうかは、結果を聞いてから決めることができます。

■データ復旧費用

復旧金額の目安は「復旧料金」をご覧ください。
▶詳しくは「復旧料金」へ

古いテープから新しいテープへ

・システムの移行/変更に伴い、新しい規格メディアに変更したい。
・データをバックアップしてある磁気テープの予備を複製(コピー)したい。

新しいバックアップシステムへ

・古い汎用機で記録されたオープンリールMTやCMTなどを利用中のPCで読み取りたい。
・取引先から渡された特殊なデータメディアを読み書きできる環境(ドライブ)が無い。

文字コード変換にも対応します

大型汎用機とPC(Windows機)間における文字コード変換、漢字コード変換にも対応しています。金融系データなどに用いられるCICロック(CIC LOCK) やCOMPLOCKなどに用いられる暗号化/復号化やAES暗号処理にも対応可能です。

既にご相談頂いている方はこちら

こんな時もご相談ください

よくあるご質問

FAQ

DATA119に関する"よくあるご質問"をご紹介します。簡単な疑問にお答えします。

24
時間

年中
無休

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

WEBからのお問合せ

媒体の送り先

〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F データ119

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

ご不明点がございましたら、まずはお電話ください。

24時間年中無休