専門家が無料相談!他社で不可能な復旧でもAOSデータ復旧サービスセンターなら多数成功実績!

診断結果
- 端子が折れた

CASE CHECK

診断結果

症状

端子が折れた

診断結果

USBメモリ・SDカードが物理的に壊れている可能性があります。

USBメモリを無理やりPCから抜いたり、抜き差しを何度も行うと端子部分が破損することがあります。

USBメモリ・SDカードの構造は、メモリチップとコントローラに分かれています。
データの記憶領域である、メモリチップ。その情報を制御しているのがコントローラになります。端子が破損してしまうとPCで読み込みする事はできません。
PCとの接続部が破損してしまい、保存されているデータが読み取りできない状態です。

注意

電源のON・OFFを繰り返すことで症状が悪化し、データが取り戻せなくなる可能性があります。速やかに電源を切っていただき、データ復旧専門の業者へご相談ください。

パソコンに接続できないので、データが読み込めない

USBメモリのコネクタ部分が破損していて、パソコンに接続できないため、中のデータにアクセスできない状態です。USBメモリを無理やりPCから抜いたり、抜き差しを何度も行うと端子部分が破損することがあります。

USBメモリ・SDカードの構造は、メモリチップとコントローラに分かれています。USBメモリや、SDカード内の全データが記録されているデータの記憶領域である、メモリチップ。そのデータを読み込んだり、書き込んだりして、情報を制御しているのがコントローラになります。

端子が破損してしまうとパソコンに接続できないので、読み込みする事は出来ません。記憶領域であるメモリチップを、専用設備で取り外し直接データの取り出しを行う必要があります。

既にご相談頂いている方はこちら

こんな時もご相談ください

よくあるご質問

FAQ

DATA119に関する"よくあるご質問"をご紹介します。簡単な疑問にお答えします。

24
時間

年中
無休

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

WEBからのお問合せ

媒体の送り先

〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F データ119

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

ご不明点がございましたら、まずはお電話ください。

24時間年中無休