専門家が無料相談!他社で不可能な復旧でもAOSデータ復旧サービスセンターなら多数成功実績!

診断結果
- ファイルが破損した

CASE CHECK

診断結果

症状

ファイルが破損した

診断結果

管理情報が破損している可能性があります。

ファイル1つ1つには、管理情報があります。例えばexcelの場合、sheetごと、セル行列ごとの管理情報があります。この管理情報が破損することで、データ領域までアクセスすることができない状況になります。
データそのものに破損がなければ、管理情報を修復することで、データは正常に復旧できる可能性があります。

データの書き込み異常や保存したデータ領域の不良セクタ発生が考えられます。

因みに、officeファイルが破損した場合、officeの修復機能を利用することで、ファイルの復元ができる可能性もあります。
弊社では、データ復旧専用の設備と数多くのファイル復旧を対応している技術員が対応しますので、より安全にデータを復旧することができます。

※料金や対応データ種類の詳細については、お問合せください。
※まず修復可否を調査して結果をお知らせし、修復をご注文いただいた後に作業を実施します。状況によってはテキストのみの抽出になる可能性もございます。

注意

データが消えた後、PCを使用し続けることで、データの上書きが進行します。データが上書きされてしまうと、もともとあった情報を新しい情報に書き換えてしまいますので、消えたデータの復旧が難しくなります。すぐに電源を切り、データ復旧専門の業者にご相談ください。

不良セクタの発生

写真やExcel等のデータは、このセクタ情報が何百万ファイルと集まって、画面上に表示されています。破損したセクタを「不良セクタ」と呼んでいます。

PC購入時から、不良セクタは多少なり発生しています。不良セクタが発生していても、その部分を回避して別のセクタからデータを読み込むことができます。
ただ、長年PCを使用されると、経年劣化やハードディスク内にこもる熱などが原因で不良セクタの発生量が多くなります。
この場合、データの書き込みや読み込み速度が低下し、PCのフリーズが頻繁に発生します。
OSが書き込まれた領域に不良セクタが発生すると、ブルー画面やメーカーロゴ画面のまま先に進まず起動しないという症状が発生します。

既にご相談頂いている方はこちら

こんな時もご相談ください

よくあるご質問

FAQ

DATA119に関する"よくあるご質問"をご紹介します。簡単な疑問にお答えします。

24
時間

年中
無休

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

WEBからのお問合せ

媒体の送り先

〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F データ119

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

ご不明点がございましたら、まずはお電話ください。

24時間年中無休