専門家が無料相談!他社で不可能な復旧でもAOSデータ復旧サービスセンターなら多数成功実績!

診断結果
- エラー表示が出ている

CASE CHECK

診断結果

症状

エラー表示が出ている

診断結果

ハードディスクの不具合が原因である可能性があります。

リビルド及びチェックディスクを実行すると、全システム領域にプログラムが支持される為、RAID機器に大きな負荷がかかります。
本来は、ハードディスクやシステムが正常に動作している際に実行するのですが、障害が発生した機器で行うと状況を更に悪化をしてしまいます。

注意

上記以外に物理的な障害が発生している可能性もあります。
電源のON・OFFを繰り返すことで症状が悪化し、データが取り戻せなくなる可能性があります。速やかに電源を切っていただき、データ復旧専門の業者へご相談ください。

1:OS障害による、アクセス障害

エラー番号(I10・E02等)が発生。クライアントPCからアクセスができない状態です。

OSのアップデートをする際誤った作業をした場合、もしくは別のエラーが発生していたにも関わらず、作業を進行してしまった場合、OSが壊れる事があります。
また、ミラーリング(RAID1)の場合、1本のHDDに障害が出た場合、他のHDDにそのまま上書きされてしまい、全HDDが同様の障害となってしまいます。

2:ファイルシステム障害

ファイルシステムとは、ファイルやフォルダを管理している情報で、本で例えると、目次のような役割をもっています。目次の役割をしている管理情報が壊れてしまうと、データ領域にアクセスすることができない状況になります。データそのものに破損がなければ、ファイルシステムを修復することで、データを取り戻せる可能性はございます。

既にご相談頂いている方はこちら

こんな時もご相談ください

よくあるご質問

FAQ

DATA119に関する"よくあるご質問"をご紹介します。簡単な疑問にお答えします。

24
時間

年中
無休

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

WEBからのお問合せ

媒体の送り先

〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F データ119

無料見積り・無料診断&ご質問・ご相談もお気軽に!

0120-194-119

ご不明点がございましたら、まずはお電話ください。

24時間年中無休