デジタル遺品復旧TOP画像

AOSデータのデジタル遺品復旧サービスは、故人が残したデジタル遺品に眠る生前の記録を復旧します。思い出の写真や動画データ、アドレス帳や、メールの履歴など、さまざまなデータがデジタル遺品の中に残っています。しかし、デジタル機器にはパスワードロックがかかっていたり、残っているはずのデータが消失している場合もあるでしょう。そのような場合にもデジタル遺品復旧で、故人のデータを取り戻すことが可能です。

こんな場合に、ご相談ください

  • 故人のパソコンのパスワードが分からない
  • 故人のパソコン、スマホの中の写真・動画データを取り戻して欲しい
  • 故人のパソコン、スマホの中に格納されている筈のID,パスワードが知りたい
  • 故人が生前にパソコンやスマホの中に何か書き残しているかを知りたい
  • 故人のパソコン、スマホの中のアドレス帳、メールの交流履歴を調べて欲しい

デジタル遺品復旧とは

かつては、日記や、通帳、手紙など、紙に残されたさまざまな情報や、プリントされた写真、衣服など、故人が生前に使っていた思い出が遺品と言われましたが、あらゆる世代でデジタル機器が使われるようになった現在では、パソコン、スマートフォンの中に残された写真や動画データ、SNSのアカウント、オンラインバンク、オンライン証券のアカウントなど、デジタル機器の中に記録されたデジタルデータに多くの思い出や、故人の重要情報が残されるようになりました。

持ち主がなくなると、故人が使っていたデジタル機器と共にこれらのデジタルデータが遺品として、遺族に残されます。これらのデータがデジタル遺品となります。しかし、古い鍵のなくなった金庫に入った遺品のように、デジタル遺品は、そのままでは、取り出すことが困難な場合も多く、個人の大切な思い出や生前の記録を取り戻すためには、高度なデータ復旧技術が必要となります。

AOSデータのデジタル遺品復旧サービスの技術は、故人のパソコン、スマートフォンのパスワードがわからない場合に、パスワードを復旧して中のデータを取り出すことが可能です。また、残されているはずのデータが破損していた場合や、削除されてしまったメールのやり取り、どこに保存されているかわからなくなったアカウント情報などをデジタル機器の中から復元して、取り出すことが可能です。

デジタル遺品復旧サービスのメニュー

復旧が必要な故人のデジタル機器は、どちらですか?

デジタル遺品復旧の事例

事例1 ほとんど使っていなかった故人のパソコンが起動しない

亡くなったご主人様のパソコンをしばらく使用していなかった結果、突然起動しなくなってしまったということで、データ復旧を依頼され、データ復旧を行ったところ、住所録、写真、動画、ファイルなど、ほぼ、全てのデータを復旧しました。

事例2 故人のパソコンのパスワードが不明

姉のご主人様が亡くなり、お姉様も亡くなってしまい、ご主人のパソコンに入っているパソコンの年賀状の住所録を取り出して、亡くなったことのお知らせに使いたいがID,パスワードが不明でアクセスできないという依頼があり、データ復旧を行ったところ、年賀状の住所録の復旧に成功しました。

事例3 故人の外付けHDDから写真データが取り出せない

亡くなったご主人様の遺影に使って欲しいと言っていた写真データが格納されている外付けハードディスクをパソコンに繋いでもアクセスできないということで、復旧依頼があり、デジカメ写真復旧作業を行ったところ、故人が指定していた写真データの復旧に成功しました。

事例4 亡くなったお父様のスマートフォンから写真等を遺品として残したい

5〜6年前に亡くなられたお父様のスマートフォンから、写真データ等を遺品として残したいという依頼があり、パスコードが不明のため、スマートフォンを解体して、メモリチップを取り出して、復旧作業を行ったところ、写真、動画、メールデータの復旧に成功しました。

デジタル遺品の復旧率を下げてしまう3つのパターン

デジタル遺品の扱いでやってはいけないことがいくつかあります。パソコンに少々詳しいからと、ディスクに直接アクセスすることは非常に危険な行為です。重要なデータであればあるほど、私たちAOSデータ株式会社のAOSデータ復旧サービスセンター(DATA119)に依頼されることをおすすめします。デジタル遺品のトラブル時にやってはいけないいくつかの例をご案内します。

① パスワード入力を繰り返す

間違ったパスワードをむやみに入力し続けると、一定回数間違えることによりデータが取り出せなくなってしまう可能性があります。まずは、専門家にご相談ください。ご相談は無料です。

② 電源のON/OFFを繰り返す

OSが立ち上がらなかった時に、強制的に電源を落とした後に何度も電源のON/OFFを繰り返すと、確実に障害を進行させます。パソコンを立ち上げるだけでハードディスクを使用することになるため、ハードディスクのプラッターの同じ箇所にヘッドが移動して、浅い傷が深くなることもあります。深い傷が付いてしまった場合は重度の物理障害となり、データが完全に取りだせなくなってしまう可能性があります

③ 市販のツールを使用する

パソコンに多少詳しい方でも、ディスクをチェックするツール等を使用することはお勧めできません。障害が重い場合、ツールによるアクセスだけでもディスク内のデータが変化し、かえってデータ復旧ができなくなる場合があります。また、市販のパスワード解析ソフトを使用することで、あとから、専門家のパスワード解除が難しくなることや、データ自体が初期化される危険もあります。


contact 0120-194-119メール ご相談data119 address