テープ障害からデータを救出します


重度の損傷を受けたテープ、データが読み込めなくなったテープから、バックアップデータを回復します。AOSのテープデータ復旧エンジニアは、バックアップテープからデータを回復する専門家です。損傷したテープからデータを読み取ることができ、ハードウェアまたはソフトウェアがもはや利用できないテープからデータを回復するための専門復旧技術をもっています。

各種バックアップテープから読み出せなくなったデータを復旧します

DAT
DLT
LTO
CMT
オープンリール
その他
対応メディア LTO (LTO2, LTO3, LTO4, LTO5, LTO6, UltriumTape)
DAT (DDS, DDS2, DDS3, DDS4)
DLT (Super DLTテープ, DLT Ⅲ, DLT Ⅳ, DLT-1)
オープンリール
対応
バックアップ
プログラム
ArcServe、Microsoft NTBackup、UNIX tar、
Backup Exec、EMC Legato Networker 他
対応OS WindowsNT、Linux、Solalis、Unix、AIX、HP-UX 他
対応
データベース
MS SQL、Oracle、tar file 他

テープ障害、および、データ喪失の主な原因

論理障害 : 操作ミス、テープの誤った取り扱い、フォーマットミス、上書き

物理障害 : 物理的にテープが破損、火災、洪水などの自然災害による損傷

アップグレード障害 : アプリーケションのアップグレードなどにより、テープの読み書きができなくなる

AOSのテープデータ復旧

テープストレージには、企業のアーカイブデータを低コストで長期保存するために膨大な量の大事なデータが保存されていますが、そのテープに何らかの理由でアクセスできないためにテープのデータ喪失が起こります。AOSが復旧してきた回収データには以下のようなものがあります。

  • 上書きされたテープ
  • クイックフォーマット、または、部分的に破損したテープ
  • 物理的に損傷したテープ
  • バックアップに失敗したテープ
  • 水や泥に汚れてしまったテープ
  • 読み取り装置が生産終了になってしまったテープ

テープ復旧の流れ

  1. テープの回収は、無塵クリーンルーム環境で行われます
  2. テープとテープドライブを慎重に取り外し、検査し、処理します
  3. 独自のツールを使用して、物理的に損傷した領域、 障害の発生したテープをすばやくイメージ化して、最も完全なデータ回復を可能にします

テープのデータ復旧料金

テープの種類、損傷状況および容量により異なりますので、個別にご相談ください


テープデータ移行サービス


データを移行するには、新しいフォーマットのテープに切り替える場合でも、新しいシステムに移行する際にも時間がかかり高価なプロセスが必要です。AOSのスペシャリストは、テープデータ移行のプロセスをスピードアップし、時間を節約し、全体の移行コストを削減するための適切なツールと機器を用意しています。

テープデータの移行をサポートします

テープデータ移行サービスとは、異なるメディアへデータを変換・移行するサービスです。たとえば「汎用機で扱っていたバックアップデータを、最新のサーバで管理したい」といった場合、文字コードやOSを考慮し、最新サーバで利用できる形式にデータを変換します。
弊社の多様な設備と広い知識を活用し、お客様のデータ移行をサポートします。

テープからテープ

古いテープから新しいテープへ

  • システムの移行/変更に伴い、新しい規格メディアに変更したい。
  • データをバックアップしてある磁気テープの予備を複製(コピー)したい。
テープから新しい バックアップに

新しいバックアップシステムへ

  • 古い汎用機で記録されたオープンリールMTやCMTなどを利用中のPCで読み取りたい。
  • 取引先から渡された特殊なデータメディアを読み書きできる環境(ドライブ)が無い。

文字コード変換にも対応します

大型汎用機とPC(Windows機)間における文字コード変換、漢字コード変換にも対応しています。金融系データなどに用いられるCICロック(CIC LOCK) やCOMPLOCKなどに用いられる暗号化/復号化やAES暗号処理にも対応可能です。

テープデータ移行サービスの料金

テープの種類や本数および容量により異なりますので、個別にご相談ください。


contact 0120-194-119メール ご相談data119 address