STEP1:御相談ください

■RAID / NAS障害のよくある現象、事例

  • ネットワークから見えなくなった
  • ディスクから異音がする
  • RAID構造が破損した
  • OSが起動しない
  • 複数のハードディスクが破損した
  • データを誤削除してしまった
  • RAIDアレイ再構築(リビルド)のエラー

以下のような現象が見られたら、ご相談ください。サーバー対応経験が豊富な担当者が、障害の状況をお聞きします。過去の復旧事例、復旧までの所要日数、料金など、ご質問があればどんなことでもお尋ねください。

ph-tel

STEP2:初期調査の実施

RAID / NAS専用の作業手順に沿って、専任技術者が初期診断のための調査を行います。実施後、データリストと御見積り金額をご報告します。

  • 最初にハードディスクの物理的障害の有無を、1台ずつ診断します、物理的な障害がある場合は、専用クリーンルームの作業へと移行します。
  • 物理障害ディスクについて、専用クリーンルーム内で、ディスクを読み込み可能な状態にする処理を行います。
  • ハードディスクは、分析・解析・復旧処理を実施する前に、クローン(コピー)を作成します。それにより、お客様の原本ディスクは初期状態が保持されます。
  • ファイルシステムの解析、ならびにRAID構成として機能するための解析。さらに、正常にデータを認識できる状態になるよう設定します。非常に特殊なファイルシステムが採用されており、高度な知識と技術が要求されます。
  • データリスト、および御見積りを作成。
    (正式に復旧作業を注文するかどうか、データリストと費用を見た上でご検討いただけます。)

STEP3:RAID復旧作業の実施

データリストと見積り金額をご覧になった後に、正式なご注文いただいた場合、サーバーデータの復旧作業に入ります。

STEP4:復旧データを納品

外付けハードディスク等にて、救出したデータを納品いたします。

※サーバーのデータが消えたら、即、ご連絡ください

重要データの入ったRAIDやNASも、ディスク故障や操作ミス等による「データ喪失」と無縁ではありません。 万一の事故でデータが消えたり、データにアクセスできなくなったりした場合は、すぐに、専門家にご相談ください。

自己判断で処置を試みることで、データを救出できなくなったり、著しく復元率が低下する危険があります。

確かな技術・経験をもつ専門家に相談しましょう。

【サーバーデータ喪失時のご注意】

  • 特にRAIDやNASの場合、データが消失した後はサーバーを操作しないように注意してください。
  • 自己判断で処置を試みることで、データを救出できなくなったり、著しく復元率が低下する危険があります。
  • 障害発生後は、サーバーには極力さわらず、迅速にメーカーや復旧専門家に連絡することをお勧めします。


contact 0120-194-119メール ご相談data119 address